FC2ブログ

「沈んだらまた積み上げろ!」

中村です。魂込めた雑文を、テキトーに書き飛ばします。

働いてる場合じゃないんだが。

君は観たか?

今岡の復活打を。
金本の、赤星のスーパーキャッチを。
胸で打球を受け止めた下柳のガッツを。
そして無邪気に手をたたいて喜ぶ岡田監督の笑顔を。

緒戦は制した。
もうすぐ第二戦が始まる。
働いてる場合じゃないんだが、
仕事はこんもり山積みだ。

山積みなんだけど・・・。
仕事が、手につかない。
スポンサーサイト



獣王の意気高らかに

いよいよ今夜から、運命の対決が始まる。
みなぎる気合で、虎はここまで8連勝。
これを11まで伸ばしたとき、奇跡の扉は開かれるのだ。

牛島監督と横浜ナイン及び横浜ファン各位殿。
感謝いたします。
結果的に及ばなかったとはいえ、よくぞ奴らを苦しめて下さいました。
後は我々虎党がその想い、引き継ぎます。

一. TV観戦中はユニフォーム着用のこと。
 出来ればホーム用のタテジマを用意したい。
 似てるからってマリーンズのものを流用しないこと。

一. 青色のものを身に付けるべからず。
 俺は数日前から腕時計をしていない。
 愛用の時計は文字盤が青いからだ。

一. トーチュウのF1特集が読みたくても我慢するべし
 鈴鹿がもうすぐだからって浮き足立つんじゃありません。

一. 井上がバッターボックスに立っても、「このブサイク!」と罵るべからず。
 Dの井上一樹はなかなかに個性的な顔をしていて、見る度につい
  「ブッサイクだなあ」
 とか言ってしまうんだが、そういう時決まってこの男は打点を挙げやがる。
 今回は罵りたくなっても我慢する。

一. 味噌はやっぱり白味噌に限るね。
 八丁味噌なんて言語道断である!

この五箇条を厳守し、遠く千葉から熱戦を見守りたい。
勝利に燃ゆる栄冠を、必ずや我らの手に!

36

前略、母上様。

昨日、西武ドームまで、西武-ロッテの最終戦を観にいってきました。
西武ドームは遠かったです。片道2時間弱。
加えてスタンドの急な階段の上り下り。
あまりにもガッカリな敗戦。猛烈な徒労感。

疲れが出たんだと思います。
先日から頭痛だの腹ブレイクだの予兆はあったけど、引き金を引いてしまった感じ。
今日はちょっと寝込んでしまいました。

俺も30代後半に突入しました。
この歳になると無理利かないですね。
今年も迎えることが出来た誕生日、これを機に、もう少し自重するようにします。
まだまだ頑張らないといけませんからね。

季節の変わり目、母上にも体調を崩されませんよう、くれぐれもご自愛ください。

浩司

というわけで、俺ってば36歳になりました。
体調不良で出鼻をくじかれた感はありますが、気持ちを新たにまた一年、頑張りたいと思います。
今後とも中村ならびにタッタタ探検組合を、何卒どうぞご贔屓に。

俺の外反母趾で西武を蹴飛ばしに来た。

20060927182033


昨日かなり虎ファンモードのエントリーをしておきながら恐縮なんだが。

…今、西武ドームに来てます。

だってほら、マリーンズの今季最終戦だし。遠く甲子園に想いを馳せつつも、阪神―日ハムの日本シリーズ実現の為に声を枯らす必要があるのです。

目下ブルーは敵性配色。若干濃さが違うが、阪神の為にも青い奴らを蹴散らしてきます!俺の外反母趾で蹴飛ばしてきます!

風は虎に吹いている。

T3-2C
タイガース、渾身の勝利。
JFKで辛くも逃げ切りだ。
残りゲーム数を考えると、一つも落とせない。
そんなプレッシャーの中戦っている選手たちに、心から敬服する。

D5x-4YB
敵も薄氷の勝利。残念ながらゲーム差は縮まらなかった。
しかし、8回にYBが同点に追いついた時は鳥肌が立った。
ベイスターズファンの知人友人全員に向け、熱烈御礼のメールを用意したくらいだ。

延長突入の末Dがサヨナラ勝ちした為、御礼メールは送信に至らなかったが、俺は確信した。

風は虎に吹いている。

トンボ

通勤電車の中にトンボが紛れ込んでた。
どこから乗って来たのか分からないけど、窓下のへりにおとなしく留まって、外の景色をジッと見ていた。
お前は何処へ飛んで行く?
この電車は快速三鷹行きだよ。

うっかりさんだな、君は

俺内ホットゲーム差

G1-4T
S4-1D

追う虎、逃げる竜。
奇しくも同じスコアで明暗が分かれた。
来ましたよ、ついに3ゲーム差。

この差を最低でもキープして、週末の甲子園決戦に臨めば、
奇跡は、本当に起こるかもしれない。

全国のトラ党諸君!信じようじゃないか。
最後の最後まで目が離せないぜ!

モーレツ腹ブレイク

先ほどから、デスクとトイレを行ったり来たり。
いやはや、モーレツ腹ブレイクです。
頭痛といい、腹ブレイクといい、
どうしちまったんだ、俺?

そういえば昨日ご紹介した平坂製薬のHP見ていただけました?
鼻炎薬もちょっと面白いよね。
二種類あるんだけど、通常のは

「平坂さんの鼻炎薬」

って「さん」付けなのに、パワーアップ版(?)は

「平坂の鼻炎薬D」

って呼び捨てだ。
良い。実に味わい深い。


【求ム】

同じ長崎ローカルのCM「ラミーエ」の映像を探しています。
ご存じの方はご一報下さい。

ヘデクパウダー

最近、慢性的な頭痛に悩まされている。
常にず~んと頭が重い。
で、時々側頭部がズキズキ痛む。

仕事に行けないほどひどくはないから良いようなものの、
なんだかスッキリしない。

そんなとき飲む薬があったな。なんだったっけ?
と、ふと気になってネット検索。

ありましたありました。
「ヘデクパウダー」
CMが妙にローカル臭かったからもしかしたらと思っていたが、
やっぱり長崎ローカルの製薬会社だった。
昨日の「リバテープ」に通じるものがあるね。

そのCM映像がネット上で公開されているので、ご紹介しよう。
アタマ痛イ!歯痛イ!熱アル!
なかなかに味わい深いです。

平坂製薬「へデクパウダー」

それにしてもアタマ痛イ!

リバテープ

「中村さん、ばんそうこうのこと、なんて言います?」

社長がお休みのため、いつもより静かな昼下がり、同僚のM氏がヤブカラボウに質問してきた。

「"リバテープ"ですけど?」
「え?ご出身、長崎ですよね?」
「そうですよ」
「おかしいなあ」

     *     *     *     *

幼い頃、ひざ小僧にスリキズを作って帰ると、母がリバテープを貼ってくれた。パッケージには"カットバン"と書いてあるのに、母は"リバテープ"と呼ぶ。いつも不思議に思っていたが、聡明なお子様だった俺は、いつしか

「"リバテープ"というのが正式名称であって、"カットバン"は商品名にすぎないのだ。正式名称である"リバテープ"を用いるべきなのだ」

と理解するようになった。だから、周りの友達が"カットバン"という名称を使うたびに心の中で、「本当は"リバテープ"なのに・・・」と思っていた。
いやー、違ってた。違ってたねー。

今日、同僚のM氏が見つけたホームページ。
出身地を推測できる「ばんそうこう」

このページの分布地図によると、九州では福岡・熊本・大分・宮崎が「リバテープ圏」、それ以外は「カットバン圏」になるらしい。いわばどちらも方言みたいなもんだ。
母は熊本出身なので"リバテープ"という呼び方が染み付いていたものと思われる。

M氏が期待した俺の答えは"カットバン"だったんだろうけど、俺にも"リバテープ"が染み付いていたのだ。

"リバテープ"。独特のイントネーションでつぶやいてみると、とても懐かしい気持ちになる。厳密には南島原のコトバではないけど、俺にとっては立派な南島原弁だ。

     *     *     *     *

◎今日の南島原弁

【リバテープ】
1960年に星子旭光堂(現リバテープ製薬)が発売した救急用ばんそうこう。

「こうじ、リバテープば持ってこんか。おかさんな指ば切った」
→「浩司、ばんそうこう持ってきて。お母さん、指を切っちゃった」

フリフリフリーダム!

植物大図鑑の稽古場に、初めて顔を出してみた。
土日が休みじゃないんで、なかなか稽古場に行けないでいる。劇団員の皆とも久々の対面だ。

平日ということで、谷口・あおき・キクチ・栗原の劇団員と、客演ではえびちゃん・ゆいちゃんといった常連組のみの稽古場。初参加組の皆さんは軒並みお休みだ。 稽古していたのはダンスシーン。バスケをモチーフにしたミュージカル仕立てのダンスだ。ラジカセから流れる曲に合わせ、皆が踊りだす。

面白い。面白いよ、コレ!
今までダンスシーンのある芝居はいくつかあったが、その中でも珠玉の出来だ。あおきの振付、実にお見事!でかした、あおき!

それにつけても、すごいよ、牧島が書いた詞!
それを最大限に活かす曲を書いた柴田摂子氏(マエストロ)もすごいけど、牧島は天才だ、と改めて思った。

稽古場を辞して帰りの電車中、ずーっと俺は口ずさんでた。

♪根っこに合うクツ(ンチャンチャ、ンチャチャチャ)根っこに合うクツ

「植物大図鑑」、期待してもいいのかもしれない。すっかり稽古場から遠ざかってお客さん目線になっちまってる俺が言うんだから間違いない。

「植物大図鑑」、期待してください。

モロよ、さらば

昨日、千葉ロッテマリーンズの諸積兼司外野手、通称モロが今シーズン限りの現役引退を表明した。とっても残念だ。年齢的には俺のいっこ上だから、そろそろという頃合いではあるんだろうけど。

試合前のウォーミングアップでは、背面キャッチ初めトリッキーな動きのキャッチボールで、俺たちを楽しませてくれた。試合後の正門前特設ステージに登場して、熱唱を見せてくれたこともある。

雨天中止になった試合では、グラウンドに出来た水溜りにヘッドスライディングするパフォーマンスで集まったファンにせめてものサービス。ファンを思う気持ちを人一倍持っていた熱い男だった。

忘れられないのは昨年の横浜戦、スーパーダイブキャッチ。あの時、モロは本当に宙を飛んでいた。足も速いし、まだまだいけるはず。昨夜の試合も南の無様な打球処理を観ながら、モロが居てくれたらなあと思った。つくづく残念だ。

もっとモロのプレーを観たい。笑顔を観たい。
なのに引退試合は9/24日曜日。俺は仕事で行けない。本当に残念だ。

秘蔵のモロシャツ

俺内ホットランチメニュー

吉野家の牛丼復活祭、すごい盛況だったみたいね。
職場近くの店舗でも大行列が出来ていて、ウチの社長の命令で並んだ若い衆は40分待ったらしい。一口ほおばった社長が言うことには、

「美味いね。すき家とか松屋とか色々あるけど、やっぱり吉野家にはかなわないね」

すき家や松屋は駄目ですか?

「行ったことないから知らないけど、やっぱり吉野家が一番だね」

・・・。知らないのかよ!

俺はと言えば、吉牛に思い入れがないではないけど、今のところあんな危ない食材をわざわざ食べようって気にはなれない。安全性が確認できるまでは静観しようと思っている。それに、どちらかといえば俺は松屋派だ。どんぶりはともかく、定食についてはメニューの充実度・質ともに、俺内では圧倒的に松屋優位なのである。

そんな俺が今ハマってるのが、松屋の新作、ハッシュドハンバーグセット。ハンバーグにハッシュドビーフ風のソースがかかっている。コレにサイドメニューの温泉卵をのっけて食べるのが楽しいのだ。スプーンで卵を割って、ハンバーグに黄身をトロリと絡ませてひとさじすくい、アツアツのご飯の上へのせる。ちょっぴりロコモコ風だったりもしてとても美味。たまりませんな。

全国の松屋派諸君、ハッシュドハンバーグセットから、目が離せないぜ!

+温泉卵で合計550円。是非お試しあれ。

松屋さん、ごちそう様。

沈んだりまた積み上げたり

さすがに土曜は凹んだ。
何とか体勢を立て直し、奇跡を起こすべく臨んだ天王山第二戦。

D3-0T

まさか首位攻防戦でノーヒットノーランされるとは。
そこまで苦手かね、ナゴヤドーム。

F12-1M

・・・こっちはこっちで袋叩きだし。

いやーホント凹んだよ、土曜は。
サイトで速報見ながら、仕事もやる気まるゼロだったさ。

でも昨日はシビれた。

D0-2T
F6x-5M

タイガースはなんとか一矢報いたし、マリーンズも敗れはしたものの、ちゃんと殴り合いのケンカが出来た。
仕事にも気合が入ろうってもんです。

こんなことで一喜一憂。
野球ファンってのは単純だ。

俺内スポーツフラッシュ

■阪神は勝てなかった。このところ死んだフリをしていた憲伸にまんまとやられた。
「奇跡は起こる」
その確信を得るためにも絶対に落とせない試合だったのだが。。。
でもまだ終わったわけじゃない。気合を入れなおして、今日明日の勝利を死守してもらいたい。
俺はまだ諦めていないよ。信じて待つ。
セ・リーグを面白くするために奴らはきっとやってくれる。

■その点パ・リーグは断然面白くなった。
ロッテファンとしては残念なことだが、日ハムの快進撃がパ・リーグを盛り上げている。
昨夜の日ハム-ロッテ戦は両チームのモチベーションの差が如実に現れた試合だった。シーズン一位通過も視界に入っているチームと、残り試合全勝でも全敗でも4位が確定しているチーム。差が出るのも当然といえる。
日ハムの選手たちは実に楽しそうにプレーしている。
阪神の選手たちはプレーに気迫がみなぎっている。
今のロッテの選手たちにはそのどちらも無い。

■日ハムを面白くしている立役者の一人、SHINJO剛。
昨夜もイリュージョンを披露して大喝采を浴びていたが、その新庄に政界が目を付けた。
自民党が参院選に出馬要請しているという。民主党の動きも怪しい。
そりゃ、彼が出馬すれば投票する人は多いだろうが、人気者なら誰でも良いのかよ!?
彼は確かにお調子者かも知れないけど、ホイホイ出て行くほどバカじゃないと思うよ。

■いきなり野球以外の話になるけどシンクロ。
スペインのヘマ・メングアルって選手、すごくない?ビジュアルが。
広大な額(というより生え際の後退?)、演技中の悪魔のような形相。
そしてすっぴんの時とのものすごいギャップ。ちょっと忘れられない。夢に見ちゃうかもしれない。

■だいたいシンクロの選手のメイクってなんであんなに濃いの?
メングアルじゃないけど、居眠りを隠すためにまぶたの上に目ん玉書いちゃいました、みたいに見える選手もいたよ。目を開けてるのに・・・。
ともあれ、鈴木絵美子さん、銅メダル獲得おめでとう。

以上、ほとんど野球で申し訳ないが、昨日付の俺内スポーツフラッシュでした。

奇跡は起こるか?起こせるか?

昨夜はシビれた。
阪神が広島に執念の勝利。これで首位中日とのゲーム差は4。

今日からの直接対決3連戦の結果次第では、逆転優勝も見えてくる。

鬼門のナゴヤドーム。
今季対中日戦、4勝11敗。

状況はまだまだ不利だ。それは分かってる。
でも信じるしかない。祈るしかない。
勝利を。奇跡の勝利を。

MATSUI復活

ゴジラMATSUIはすごいね。
復帰していきなり4安打1四球1打点。

しかし、4本のヒット全てが浅い当たりだった点が少々気にかかる。
まだ本調子じゃないんじゃないだろうか。
本当の復活はやっぱり特大のアーチが架かってこそかな。

その日も遠くはないだろう。
応援してるぜ、MATSUIよ!

収集癖

仕事で外に出た際に立ち寄ったコンビニでうっかり見つけてしまった。
缶コーヒー"ジョージア"にオマケで付いてる「80'sプロ野球ヒーローズフィギュア」だ。

たまたま選んだのはランディ・バース。言わずと知れた、85年阪神V戦士の一人だ。ポージングが絶妙で、超カッコいい。

付属の一覧表によると、タイガースからは他に掛布・岡田もラインナップ。俺ってば収集癖があるんで、こうなると他の二体もどうしても欲しくなる。会社帰り、さっそくコンビニに立ち寄って買ってきた。全15種類を揃えたくなる衝動を必死で抑え、バックスクリーン三連発トリオのみをコンプリート。

最近のオマケはいいね。最初バースをゲットしたときは気づかなかったけど、「この中には○○が入ってます」ってちゃんと明記してある。おかげでムダなく3体揃えることが出来た。

3年前にペプシのガンダムボトルキャップにハマッた時は大変だった。中身が分からないもんだから、目つきの悪いギレン・ザビが6体もカブッて、とても怖い思いをした。ランバ・ラル3体でジェットストリームアタックしたのも今となってはいい思い出だ。あれ、結局コンプリートしなかったなあ。

しかしこのフィギュア・・・。バースはともかく、他の二人はブッサイクだなあ。もうちょっとなんとかならなかったの?

伝説のバックスクリーン三連発!!

ばいばい。

今朝出勤前に、このブログにもたびたび登場した甥っ子が、我が家を訪ねてくれた。出産後思わしくなかった義妹の健康状態が安定したので、杉並の自宅に戻るのだという。

そうなると当分甥っ子とも会えなくなる。お別れを言いに来てくれた、というわけだ。

ほんの15分ほどだったけど、だっこしたり、駐車場に並ぶ車をベランダから眺めたりして楽しく過ごした。

ありがとう、甥っ子よ。また遊びに来いよ。
おっちゃん頑張って働いてくるからね。

さしかぶー

昨夜ケータイに、一本の電話が掛かってきた。
電話の主はS。中学・高校と、ほとんどの学年を同じクラスで過ごした旧友だ。今は北関東の某所に住んでいる。
着信と同時に液晶画面に表示されたその名前を見たとたん、俺のバイリンガルスイッチが切り替わった。
心持ち尻上がりの「もしもし」で通話スタートだ。

「もしもし、今、良かね?」
「よかよか。さしかぶー、どがんしよっと?」

10分ほどの他愛ない会話だったが、懐かしかった。奴とはたしか4年前の夏に新宿で会ったきりだ。
こういう場合に当然のごとく出てくる言葉が

「さしかぶー」

南島原弁の中で、もっともフランス語に近い(と俺が勝手に思ってる)コトバである。なんか響きが「コマンタレブー」っぽくない?

「さしかぶー」

つぶやいてみるとなんとも言えない懐かしい気持ちになる。
とってもあったかいコトバ「さしかぶー」。
是非、お使いください。

     *     *     *     *

◎今日の南島原弁

【さしかぶー】
久しぶり。"(期間が)長い"ことを意味する「ひさしか(久しか)」に、「3年ぶり」とか言うときの「ぶり」を付けた「久しかぶり」から変化したものと思われる。
人によっては頭に小さく"ひ"を付けて「ひさしかぶー」と言ったり、語尾が変化して「さしかぶぃ」になったりする。
俺は断然「さしかぶー」派です。

「さしかぶー、どがんしよっと?」
→「久しぶりだね、最近どうしてる?」

早朝情動失禁

そんな気はしてたけど、生きちょったんか、タツヒコぉ。良かったなあ、いや良かった。

出勤前だってのに涙ぐんじまった。谷口もそうみたいだけど、最近とみに涙もろくなった。これ、感受性云々の話じゃなくて、感情をうまくコントロール出来なくなる、老化現象の一端なんだと。

老化だろうがなんだろうが、良かったなあ、サクラコ。本当に良かった(ToT)

今はもう秋

会社の帰り、飯山満の駅を出て芝山方面へ向かうと、そこには広大な沼地が広がっている。その脇の道を通るとさまざまな生物の声がする。

つい先日までは「グモ~グモ~」とウシガエルの求愛の声が聞こえていたが、今夜は鈴虫や蟋蟀の大合唱。
どおりで秋刀魚が恋しいわけですな。

酒飲み

酒が好きだ。

子供の頃は、親戚の寄り合いで酒に酔ってはケンカばっかりしている大人たちを見て、
「俺は一生、酒もタバコもやらないぞ!」
と心に誓ったものだった。

それから十数年後、俺は酒もタバコもやる大人になっていた。
タバコこそ4年前に止めたけど、俺ってば酒を止める気はサラサラ無い。

みんなで作り上げた芝居がハネた後の打ち上げ。
一日中働いた夜の晩酌。
久しぶりに会う仲間たちと酌み交わす焼酎。
野球場のスタンドで、ぐいっと飲み干す生ビール。
その試合で、チームがひどい負け方をしたときのヤケ酒。
みんな大好きだ。

だから、酔った勢いで人に迷惑をかける輩が許せない。
そういう奴らは大抵、

「悪い悪い、酔っ払って、つい・・・」
「酔ってたから、なーんも憶えてない」

とか言い訳をする。

好きで酒飲んでるんだったら、
お酒が大好きなんだったら、
酒をワルモノにしちゃいけないやね。
あくまでもお酒は美味しく、節度をもって楽しみたい。

ここんとこ頻発している飲酒運転事故の犠牲者の皆さん。
ご冥福をお祈りします。

王子を救え!

最近早実の斉藤についての報道が過熱している。
いい加減にして欲しい。

特にTBS「Jスポーツ」の恵!
現地リポーターに「今日、祐さまはハンカチ使いましたか?」とか聞くんじゃねえ!
ワイドショーならともかく、スポーツニュースなんだからさあ。
ハンカチ使ったかどうかなんてどうでもいいよ。

斉藤は球界の大切な宝。
無用なプレッシャーから解放して、大切に育てたいとは思わないのかなあ。