FC2ブログ

「沈んだらまた積み上げろ!」

中村です。魂込めた雑文を、テキトーに書き飛ばします。

発見

野菜やキノコ、イカ・エビ・豚肉をたっぷり入れてマルタイの棒ラーメンを作る。

顆粒のガラスープを少し加えて…。

仕上げにマスカルポーネチーズを大さじ1。

すると…




ちゃんぽんが出来る。

麺は細麺だけどね。
やはりマルタイはエラい!

※発見したのは俺じゃありません。


スポンサーサイト



やっぱり可愛い

ここ2週分たまっていた「モヤさま」を観る。

うーん、やっぱり大江が可愛い。

そういえば最新のモヤさまDVD発売まであとわずか。
もちろん予約済みですが何か?

真冬のブラックモンブラン


当たった!

東尋坊~命の番人~

CAP企画「東尋坊~命の番人~」を観る。

自殺の名所として知られる福井県の名勝「東尋坊」で、自殺志願の人々、彼らと向き合い自殺を踏みとどまらせようとする人々、その活動を快く思わない人々が描かれる。

自殺防止ボランティアをやってる人々は実際にいて、彼らの活動には賛否両論あるみたいだけど、俺としては、生まれたからには最後まで生きようぜ、と強く思う。世界には生きたくても生きていけない状況にある人、幼くして命を落とす子どももいるのに、自ら命を絶つなんて贅沢だ。

自殺したくなるような状況を経験したこともない俺には、自殺志願者の気持ちは分からない。だからこそ敢えて無責任に書く。

人間、生きてるうちが花だぜ。

CAP企画「東尋坊~命の番人~」は30日まで中野テアトルBONBONにて。
タッタタから参加の柴田O介が年輪の利いた良い芝居をしていて、実にホットだぜ。


パン耳のホットサンド

バウルーで作るホットサンドの何が美味しいって、パンの耳のサクサクした食感だ。
ならば。

パン屋で安く売ってるパン耳で作ったら、もっと美味いんじゃないの?

というわけで、我が家ではしばらく前からホットサンド用のパンには耳を使っている。
いろんなタイプの食パンの耳が入っているので、組み合わせも楽しめる。

パン耳

今回は通常の食パンの耳と、ライ麦入り食パンの耳を合わせた。
挟むのは、ペッパービーフの切り落としと、茹でたほうれん草、スライスチーズ。

ペッパービーフとほうれん草とチーズ

サクサクがいっぱい。
とってもいい感じ。

是非、お試しあれ!

鶴田食堂


柴田O介が出演するCAP企画さんの公演に折込んでいただく
7月公演のチラシを届けるため、中野のテアトルBONBONへ。

その帰り道、新しく中華のお店が出来ているのに気付く。
確かここは以前お寿司屋さんだったはず。
そういえば昨年の「聖火の献立~食肉編」の時に改装工事をやってたな。
ちょうど腹ペコだったので立ち寄る。

ランチは「麻婆豆腐セット」と「鶏肉の煮込みセット」、その両方が揃う「Wセット」から選べる。
迷わずWセットをオーダー。

テーブルに載り切らないほど出てくる

あまり山椒の利いていないマイルドな麻婆は、だけど肉の旨味がしっかり出てて、
かつ、あまり辛くないからこそ豆腐の味を楽しめる。
鶏肉は骨付きの手羽元だが、するりと骨が抜けてしまうほど柔らかく煮込んであり、
昆布の旨みも滲みてて実に良いお味。

付け合せのシュウマイやスープも美味しくて、なかなかの満足感だった。
メニューを見ると、お酒が割と充実しているし、肴も300円~600円でいろいろ揃っている。

中野ポケットスクエアでの観劇後、観終わったばかりの芝居の話で盛り上がりたい諸君、
「鶴田食堂」が、ホットだぜ。

詳細はこちら

君は大丈夫か?

小林宏之がメジャー移籍を断念、タイガースに移籍した。
ロッテの投手陣の中でも好きな選手の一人だったので、国内移籍は残念だ(阪神のストーブリーグ戦略がジャイヤンツ化してきているのも気に入らない)。

昨季終盤のキャンペーンの時、ヒロユキのサイン入りポストカードが抽選で当たって、ちょっと嬉しかった。なのにあっと言う間に退団→国内移籍。
そういえば、今や阪神のエースと言っても過言じゃない久保康友も、移籍する直前のファン感謝祭で俺のユニにサインをくれたのだった。

これはもしかすると、

「俺がサインをゲットした選手は阪神に移籍する」

というジンクスが出来上がりつつあるのかも知れない。
そうなるともう一人、俺のユニにサインを記しているあいつ。

松本幸大選手の身が案じられるなあ

よろしくお願いします。


俺を取り巻く人間関係が、また大きく変わろうとしている。
新たに俺と関わりを持つことになる皆さんに、この場を借りてご挨拶申し上げたい。

皆さん、初めまして。
中村浩司です。
長崎県出身で千葉在住のサラリーマンです。

「浩司」という名前には、

「浩」く「司」どる(ひろくつかさどる)

つまり、幅広くいろんな方面で活躍できる人になってほしい、という、父親の願いが込められています。

その期待にはいまいち応えられていませんが、やれることを精一杯やろうとは思っています。

学生時代からの流れで劇団員もやってたりします。裏方が主ですが、少しだけ表舞台にも上がったりしてます。

飲むこと・食べることが大好きです。芋焼酎とビール、ワインなんかもイケるクチです。
昔っから阪神ファンですが、ここ数年はロッテの応援にハマっています。

一度好きになったら、結構しつこいです。
その相手のことを大切にします。
とてもとても大切にします。

だから皆さん、どうぞよろしくお願いします。
末永く、どうぞよろしくお願いします。


運命のキーワード

最近、ケータイで閲覧できる占いを気にしている。
たとえば本日ランキング6位のてんびん座の運勢は、

「トラブルや大きな仕事などで、焦ってしまいがち。
 そんなときは一人で抱え込まず、他の人に相談を。
 客観的な意見を聞けば、驚くほど簡単に解決する
 ことが出来そうです」

至極まっとうな内容なのだが、実はこんなのはどうでも良くて、
俺がハマっているのは「運命のキーワード」という部分なのだ。
今日のてんびん座の運命のキーワードは

「根拠のない恐れ」

・・・一体どうしろというのだろう?
どう解釈したらいいのかいつも悩んでしまう。

ちなみに本日のランキング1位はおとめ座のあなた。
運命のキーワードは、

「過剰な完璧主義」

だそうだ。是非、参考にして頂きたい。

風が強く吹いている


5~6年前、劇団員が集まった飲みの席で、谷口がこんなことを言い出した。

「今度劇団員で箱根駅伝やろう」

箱根駅伝と同じ距離を常連の客演陣を加えた劇団員でたすきを繋いで走破しようと言うのだ。

その場のノリの冗談として処理されたが、当時谷口はしきりにカラダを動かしたがっており、半ば本気だったように思う(実際、程なくして劇団内にバスケチームが発足し、アマチュアの大会に幾度か出場したりする事になる)。

これを地でいく小説を、今読み進めている。
三浦しをん「風が強く吹いている」だ。
まだほんの80ページほどだが、すでにぐいぐいキている。
このまま一気に読破しようと思う。
そして、あの日の谷口の提案に乗っていたら、どうなっていたか思いを馳せよう。

「花の五区」は果たして誰が担当するかな?
ま、俺じゃないことだけは確かだ。


寿司銚子○



ボーナスの余韻で懐が暖かいうちに寿司でも食ってやろうと思い、今日のランチは職場近くの回転寿司「銚子○(一応伏せ字にしておく)」。
この店では、店員を「劇団員」と呼ぶ。
従業員を「キャスト」と呼ぶ舞浜の某パークみたいだ。

8カン盛り合わせの「劇団セット」をオーダー。
味にさほど不満があるわけじゃないが、俺は見てしまった。

板さんがゲタの上に並んだ「直方体に整形された酢飯」の上にせっせと「生魚の薄切り」を乗っけてるところを。

これが大抵の回転寿司店で行われていることは知ってるし、こんなの寿司じゃねえ!なんて言うつもりもない。だからこそ安いんだし、むしろ感謝したい。

だけど、そういうのはお客さんに見えないようにやろうぜ。
「劇団員」を名乗るならなおのことさ。


お湯をかけろ!

前エントリーの「おひとり様エッチ」とは、どうやらもう、そのままそういう意味らしい(それ以外無いよなあ)。こうした「言い換え」はソコココに氾濫している。

こうやって日本語はフリーズドライされていくんだなあ。
その言葉の持つ「生々しさ」とか「匂い」が、失われていくようで少し怖い。

さあ、お湯をかけろ!


興味津々


教えてくれ『週刊女性』、

「おひとり様エッチ」

って何なんだ?


八街でやっちまった


仕事で八街市の外れにある某物件へ。

「八街」は「やちまた」と読む。
「八街でやっちまった」というダジャレ(千葉ギャグ)と、
ピーナッツの名産地として知られている。

いや遠い。めっさ遠い。
所要時間約二時間弱。
途中からは仕事じゃなく、ドライブに来たんだと思うことにした。
そうでもないとやってられない。

しかし、はるばるたどり着いた八街には、まるで俺の田舎を思わせるような風景が広がっていた。
畑畑畑、駐車場がだだっ広いコンビニ、ヘルメット着用の自転車通学生。

懐かしい匂いがした。
学校はもちろん、どこへ行くにもヘルメットを着用していた、マジメくん中学生時代が蘇ってたまらない気持ちになる。

こっぱずかしい記憶を振り払いつつ業務を遂行しての帰り道、見事に道を間違ってしまった。
帰りの所要時間、約3時間。
もう疲労困憊だ。
まさに八街でやっちまった。

でも八街、良いところだったなあ。


痛恨のミス


古本屋で高村薫を買うつもりが、
誤って、北村薫を買ってしまった。

でもまあ、これはこれで面白い。

名を名乗れ

正月休みを決め込んで、ダラダラと料理の写真ばっかり載せた手抜きブログを続けていたせいだろうか、左のカラムに設置した「制作スタッフ応募フォーム」からこんなメールが投稿されてきた。

【 名 前 】:xxxxxxxxxxx(姓) zzzzzzzzzzz(名)
【 ふりがな 】:xxxxxxxxxx(姓) zzzzzzzzzz(名)
【 メールアドレス 】:xxxxxx@zzzzzz.com
【 年 齢 】:
【 性 別 】:
【 TEL 】:
【 何かご質問があればどうぞ 】:
こんなのんきなブログやってたとはな


投稿元HOSTは「aichiwest1.commufa.jp」。愛知県方面からの投稿だ。俺の知り合いなんだろうけど、匿名ってのはどうなのよ?親しき仲にも礼儀ありだ。名を名乗れ、無礼者!

短くもしあわせな年末年始休みも今日で終わり。どこにも出掛けず、なんにもしないで、ゆっくりと休息をとらせてもらった。

明日からは日常が始まる。
ぼちぼち切り替えていかないとな。


二日目

初夢を覚えてないくらいぐっすり寝て、気持よく目覚めた正月二日目。

俺プロデュースホタテの味噌漬け焼き
↑俺プロデュース・ホタテの味噌漬け焼き

山口風お雑煮
↑相方プロデュース・山口風お雑煮。

正月のゴールデン街
↑初売りに訪れた新宿。ゴールデン街を抜けておみくじを引きに向かう。行先はもちろん…

花園神社
↑花園神社。

おみくじは「吉」

おみくじ。
↑おみくじは「吉」。事を起こすなら、今。だってさ。

夕食
↑夕食。外で買ってきた二種類のキッシュと…、

蒸し野菜と茹で塩豚
↑相方プロデュースの「蒸し野菜と茹で塩豚」。

タレは三種類
↑茹で塩豚につける三種類のタレ(ゆず胡椒入りおろしポン酢・わさびマヨネーズ・オイスターソース+チリソース)は俺プロデュース。

新宿の雑踏でぐったり疲れたけど、やっぱりすこぶるしあわせな正月二日目。


俺史上最高しあわせな元日

元日の朝食

元日の朝食は特別。
朝から堂々と酒をかっくらう事のできる朝である(年中やってる気もするけどね)。

オードブルプレート
↑ペッパービーフ、昆布と椎茸のうま煮、ホタテの刺身&オリーブオイル焼き

雑煮
↑お雑煮。今日は俺の実家風にガラスープ+椎茸の戻し汁+昆布出汁。器が小さいので盛り付けがイマイチ。

おでん
↑煮物替わりにおでん。

塩豚&蒸し野菜
↑夕食。塩豚のソテー&蒸し野菜。

午前中いっぱい、ダラダラと飲み食い。
書きそびれてた年賀状を書いて、投函しがてら、お陽様に誘われてお散歩。
借りてきたDVDを観たり、ゆるゆると昼寝したり。

41回目にして、たぶん俺史上最高しあわせな元日。