「沈んだらまた積み上げろ!」

中村です。魂込めた雑文を、テキトーに書き飛ばします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺の偏平足で南島原を踏んできた2012その2~おかあたまはオイリーがお好き。

結局病室には3時間あまりいただろうか。
外来の合間に、父の主治医から病状の説明を受ける。

何年も前から患っている肺気腫でただでさえボロボロになっている肺に、
黄色ブドウ球菌などの病原菌が入り込み、肺炎を起こしているのだという。
父はセブンスターを一日二箱空けるほどのヘビースモーカーだったが、
15年ほど前にすっぱりと禁煙した。

それでも、肺気腫の進行は止められなかった。
父の肺のレントゲン撮像を見ながら、改めてタバコの恐ろしさを知った。

直接説明を受けて、母から伝え聞いているほど悪くないことが分かった。
少なくとも明日にも喪服が必要な状態ではない。
だからといって、決して油断は出来ない。
安堵と不安を両方抱えたまま、病院を後にした。

連日の看病で疲れ果てている母を外食に誘う。
母のリクエストは意外にもオイリー。

「ちゃんぽんば食べたか(ちゃんぽんが食べたい)
「もうちょっとあっさりしたとが良うはなか?(もう少しあっさりした物の方が良くはないですか?)
「いや、なんさまちゃんぽんば食べたか(いや、どうしてもちゃんぽんが食べたい)
「ちゃんぽんてや・・・(ちゃんぽんか・・・)
「餃子も食べたか(餃子も食べたい)
「おっとろ!(え~!)

結局母のリクエストに答え、隣町・口之津の老舗「薩摩」に連れて行った。
母はちゃんぽん、俺はラーメンをオーダー。餃子も二人前焼いてもらった。
思えば母と二人きりで外食するなんて初めてのこと。
不思議な気持ちになった。

食事を終えて帰宅。入浴を済ませるともう10時だ。
早起きした上に、あまりにも濃密に過ぎた一日目。
普段ならとても眠れる時間じゃないけど、あっという間に眠りに落ちた。

 

↑ちゃんぽんとラーメンと餃子。どれも美味かった。
さすがは地元の老舗だ。南島原にお越しの際は是非。

【薩摩】
住   所:長崎県南島原市口之津町丙2053
電話番号:0957-86-4728
席   数:カウンター×6席、4人テーブル×3席、奥に座敷席
営業時間:11:00~22:00
関連記事

管理者にだけ表示を許可する

結局病室には3時間あまりいただろうか。外来の合間に、父の主治医から病状の説明を受ける。何年も前から

2012.11.02 10:31 まっとめBLOG速報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。