「沈んだらまた積み上げろ!」

中村です。魂込めた雑文を、テキトーに書き飛ばします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間生活者の悲哀

一昨日、その次の日の早朝作業について、打ち合わせた時の叔父との会話。

「浩司、明日は早う起きにゃんばい」
「早うて、何時くらい?」
「早うから始めにゃ、暑うしてされんけん」
「そっけん、何時くらい?」
「日の出たらすぐ始むっけん」
「日の出は何時くらいね?」
「知らん、5時か5時半くらいやろもん」
「…」

時刻指定がないと身動きが取れない時間生活者に、勝ち目など無いのであった。
関連記事

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。