「沈んだらまた積み上げろ!」

中村です。魂込めた雑文を、テキトーに書き飛ばします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~の焼いたと



酒の肴には、厚揚げの焼いたのが良いですね。
長芋の焼いたのも良いですね。
この「~の焼いたの」という言い方がまた良いですね。

年末、第二の故郷山口に行った際にお会いした、家人の伯父さんが、

「『ピーマンの味噌で炒めたそ』が良え(ええ)」

というようなことを仰っておりまして、
「~の焼いたの」という言い方が、山口では「~の焼いたそ」となることを思い出しました。

この言い方、故郷の南島原では「~の焼いたと」となります。
すなわち
「厚揚げの焼いたと」
「長芋の焼いたと」
となる訳です。

こういう言い方、なんだかとっても良いですね。
「しいたけの焼いたと」も良かですね。

◎本日の南島原弁

【~の焼いたと】
~を焼いたもの。
関西では「~の焼いたん」になるんですかね。
それもまた良いですな。

【肉や魚介・野菜の炒めた後煮込んで、塩やら香辛料やらで味付けしたと】
カレー。
まあ、南島原弁でも「カレー」ですけどね。
関連記事

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。